· 

パース2回目

パース

パースの練習2回目。

今回はヴィロ・マジストレッティ作のシンドバッドチェアとアイリーン・グレイのE-1027サイドテーブル、レンガの壁、この3点が必須、他は自由で課題の図面から起こしたパースです。マーカーとパステル、色鉛筆を使用。

 

シンドバッドチェアは昔Cassinaから販売されていた名作。

私は雑貨店時代にデザイン家具を販売していましたが、恥ずかしながらこのソファは知らなかったです。現在すでに廃盤となっているソファ。実物見てみたかった!

ブランケット状の生地を本体に広げて使う仕様なので、生地のクシャッとした感じを伝えたい一心で描きました。

 

サイドテーブルは尊敬してやまないアイリーン・グレイ様の名作です。丸いテーブルなんですけど遠近法で楕円にするのが難しかった・・なにより上にのせたグラスも難しい。

グラスは勘弁して欲しいです。

 

煉瓦の壁を最後に描きました。

もうこの頃になるとヤケクソになっていて、大胆にスラ〜っと描きました。

 

先生からのアドバイスは最初のパースもそうでしたが、照明のオレンジの光が不自然、明るい時間帯にこの光は無い、影も雑。

そうですね。そうです。

影や光のうっすら感はどこまで描いたらいいのか、誰か止めてーと思いながら描きました。反省です。