· 

河村美琴さんのPOP UP SHOP

催事設営

河村美琴さんによる大丸福岡天神店にてPOP UP SHOPが終了しました。

 

期間中、とても多くのかたにお越しいただけたとのことで私も嬉しく思います。

ビビデの頃からのお客さまも数名いらしてくださいました。

覚えてくださっていてありがとうございます。

 

河村さんからお言葉をいただきましたので、「お客さまの声」としてこちらに記載させていただきます。

(ご了承いただいています)

(友人ですけどね)

 

「正直言って、大丸は自信がありませんでした。

ギャラリーさんやShopさんの顧客さんがいない状態で、私のアナウンスだけで人が来てくれるのかと不安しかありませんでした。

(中略)

エスカレーターを上りながら見える赤に吸い寄せられるように皆さんが近づいて来てくださいました。

メイン台をまず見てサブ台をぐるりと周り、下を見ながらメイン台に戻る。

特に後半、メイン台のラウンドフリンジバッグばかりが売れました。

だけど、ちゃんとサブ台下段のシンプルなバッグにも目がいっている。

何がどうなってそうなっているのか。

矢ヶ部さんにはちゃんと見えているであろう事が素晴らしいことだと思いました。

智也が、エスカレーターから上がってきた時の存在感が凄かった。

と言っていました。

この子が思うことが一般のお客様の思う事に一番近いんだろうなぁと感じました。

サブ台を横にした事で一体感が生まれて強い世界感が作れたのだと思いました。」

 

今回は売場に立たせていただいたので、その都度見直しを行い新鮮さを保つことができました。

店舗は新鮮さが重要なんです。

催事でずっと同じ展開を3日も続けるなんてもったいないです。できたら毎日替えたほうがいい。

お客さまは毎日違うかたが来られるけれど、不思議と展開を替えたらすぐに売れるんです。

 

コロナ禍の今、店舗を運営されている方々は先の見えない不安と闘っていらっしゃることと思いますが、今回のように百貨店の催事で成功した実例がちゃんとあります。

諦めずに頑張りましょう。

 

大丸様、什器は動かさないでくださいと何度もお願いされたのにそれでも動かしたい私・・最終的にお許しいただきありがとうございました。

河村さん、この機会をいただきありがとう。

いつも素敵な言葉で褒めてくれるけど、いやいや、貴女のバッグが素敵だからですよ!

最後にみなさんへ、催事の設営や店舗改善などいつでもご相談ください!